エコ洗剤『かわゆい花子』の小あるある大辞典

酸素系洗剤TOPページへ

酸素系エコ多目的洗剤TOP

かわゆい花子の豆知識。
随時追加していく予定ですので、どうぞご興味のあるところからクリックして記事をご覧下さい。

豆知識

◆ かわゆい花子は粉末!

花子は粉です

かわゆい花子はボトルに入っているので液体だと思われる事が多いのですが、実は『粉末』なのです!
なぜボトルに??というのは発売した昭和50年代は現在のような箱+スプーンという容器は存在しなかったからです。
発売当初は画期的だとご好評だったんですよ〜。


◆ かわゆい花子は熱い風呂が好き!

かわゆい花子はパンフレット等には40〜60度程度のお湯に溶かしてご使用くださいとなっておりますが・・・
実はグラグラの熱湯での使用が効果大!
ただし、ご使用の際は火傷にご注意いただくのと、つけ置きするものが高温に耐えれるかを確認してご使用くださいね。
熱湯風呂が好きな花子で〜す。

花子は熱い風呂が好き

◆ 使えないものもあります!

使えないもの例

かわゆい花子は究極のエコで多目的に使える洗剤だから何にでも使えるよね!とお声いただきますが・・・
どうしてもその特性上、使えないものがあります。

▼油汚れに・洗浄力が強いから

油汚れに強い、洗浄力が強い為に使えないものがございます。
1、絹、ウール、皮などの動物性の生地は油分を取ってしまうので使えません。
2、おわんやお箸、仏壇などの漆を使った製品は表面を溶かしてしまいます。
3、油が主原料の接着剤、ワックスを溶かす場合があります。

▼酸素の力で汚れを落とすから

酸素の力で汚れを落とすので酸素と結びつきやすい物質は注意が必要です。
1、アルミ、亜鉛、銀、銅などの酸素と結びつくと変色などの可能性がある金属類。
2、大理石、特殊な釉薬を使った焼き物、素焼きのものなど。
3、白木など、表面の加工をしていない木製品など。

▼その他の注意点

○基本的に素手で扱っても大丈夫ですが、手肌の弱い方は手袋をご使用ください。
○スプレー容器などにかわゆい花子の溶液を入れる場合は、温度を冷ましてから封をしてください。
 発生する酸素で容器が膨張し、破損する恐れがございます。また、長時間封をしている場合も
 容器が膨張・破損する恐れがあります。
○溶液をつくり置いた場合、徐々に酸素が抜けていき、一週間ほどでほぼ水になってしまいます。
 作り置きした溶液で汚れ落ちが悪くなったら、新しく溶液を作ってください。
○つけ置きする場合は、洗面器やタライをご使用ください。洗濯機で直接衣類をつけ置きされる場合は、
 洗濯層の掃除をしてからでないと、洗濯層から剥がれ落ちたカビがつけ置きした衣類に付着する
 恐れがございます。
○一回のご使用では汚れが落ちにくいこともございます。数回のご使用できれいに落ちたというお声も
 いただいておりますので、花子の量を増やしたり、お湯の温度を高くしたりするなどして再度お使い
 いただければ幸いです。

◆ 北九州市に認めてもらいました!

◆ 実は洗剤ではないかわゆい花子!

▼かわゆい花子は洗剤ではない!?

みなさん、汚れを落とす為の液体や粉を何と呼びますか?
きっと多くの方が『洗剤』と呼びますますよね。
そういう意味では「かわゆい花子」も洗剤です。

ですが、これが法律上となるとややこしい話になります。
商品を製造するうえで必要な表記を定めた『家庭用品品質表示法』という法律があります。
その法律の中では一般的に洗剤と呼ばれるものを石鹸や洗剤、漂白剤、洗浄剤などに分類しております。(細かい説明は下記のリンクからどうぞ)
法律上では洗剤は界面活性剤が入っているものとなっています。 かわゆい花子は界面活性剤は不使用ですので家庭用品品質表示法上の登録はクリーニング店の染み抜き剤としての製造スタートの面からみて『漂白剤』となっております。

法律と一般的な日本語とのギャップですね〜

 →消費者庁・家庭用品品質表示法のページ

◆ かわゆい花子4つのもっと

4つの「もっと」 もっと綺麗に! もっと簡単に! もっと安心に! もっとお得に!

◆ かわゆい花子 【花子の豆知識】

他にもたくさんの豆知識がございます。
随時追加していく予定ですので、どうぞご興味のあるところからクリックして記事をご覧下さい。

小あるある

◆ 無公害でエコな酸素系洗剤をお試しください!

無公害・エコ洗剤かわゆい花子シリーズ

酸素系無公害エコ洗剤のタイシン九州